【悲報】23歳ワカメ女子との個人戦


おはようござます。

昨日は、最近フル回転させていた「出会いチャット」で知り合った、23歳の女の子と飲みに行ってきました。

と言っても、この子は去年の夏くらいからチマチマ連絡を取っていて、一旦途切れ、再度連絡を取ってみて今回に至ったという感じです。

長かった。(笑)

会えなくてもしゃーないとは思ってはいましたが、再度連絡を取り始めた時に、通話をしたのがデカかったかもしれませんね。

さて、19時に都内某所で待ち合わせ。

写真を見た感じは、まぁ普通に可愛い雰囲気でした。

実際は多少ブサイクでも、若いからヨシということにしておきました。



女の子から、「着きましたー」のラインが。

「初めましてー」と、いざご対面。(`・ω・´)







ワ、ワカメちゃん!?(´・ω・`)


wakame.jpg


スタイルは普通ですが、髪がとても短くて、僕の第一印象は完全にワカメちゃんと化しました。(笑)

でも、若いからオーケー!

とりあえず居酒屋へ。



僕:「お酒はけっこう飲むんだっけ?」

ワカメ:「飲みますよ!あれ、今日朝までとかじゃないですよね?」

僕:「(!? どういう意味やろ。。。)」

僕:「そ、そだね!明日は仕事?」


ワカメ:「そうなんです、仕事になっちゃって。。。」

僕:「そうなんだ。じゃあ終電までには帰ろうよ」

ワカメ:「ありがとうございます」

僕:「ワカメちゃん、去年別れた彼氏との傷はもう癒えたの?」

ワカメ:「そうですね、だいぶ癒えました。しばらく彼氏はいらないです。」

僕:「そっか。話変わるけどワカメちゃんて初体験いつ?」

ワカメ:「高1ですね」

僕:「早いねー。(世の中にはけっこうワカメ好きがいるんやな)」


そんな感じで下ネタトークに切り替えていきました。

しかし、話していて気になる点が。

ワカメは、やたら自分の恋愛経験を話したがります。

自分は今までに○人と付き合ってきたとか、○人から告白されたとか。

たぶん自分がモテる女アピールしたいんやろな。

ワカメめ。



僕:「じゃあ次いこっか!」

ワカメ:「はい」



よし、ここからが勝負や!




僕:「まだ時間平気?」

ワカメ:「大丈夫ですよ」

僕:「2人になれるところ行こうよ!(ドキドキ・・・)」

ワカメ:「え、どういうことですか?」

僕:「(ゲゲゲ・・・今回もダメか。。。)」

僕:「まぁまぁ、そんな変なことしないからさ。(苦しい状況や。。。)」











ワカメ:「まぁ、いいですよ。」

僕:「(!!!!! きたぁぁぁぁぁ!!!!)」

ワカメ:「でも、私今生理ですよ?」

僕:「え、そうなの!?(まさかの展開や)」

ワカメ:「口でいいですか?」

僕:「もちろん!(まぁ仕方ないか)」



ホテルにて。



僕:「ワカメちゃん、胸けっこうあるね!」

ワカメ:「Gもあって、チョット嫌なんです。恥ずかしいので、触るなら服の上からにして下さいね。」

僕:「お、おう」


そして、久しぶりの尺八タイム。


ジュボボ、ジュボボボ、ジュボ、ピチャピチャ、チューーーーー。。。


僕:「出したら飲んでみてよ」

ワカメ:「えー。。。まぁいいですよ」

僕:「(よっしゃ、張り切って出すでー)」





ワカメ:「イキそうですか?」

僕:「お、おう。(イ、イカネーーーー!!!!)」


ikanai.jpg


ま、まさかの不発。。。


ワカメ:「酔ってるとイカないことありますよねー。仕方ないですよ!」

僕:「お、おう。(ワカメ優しいやん)」

ワカメ:「また会いましょう。次は生理じゃないときに」

僕:「お、おう。(ワカメに救われるとは)

ワカメ:「でも、ただヤルだけは嫌ですよ?」

僕:「お、おう。飯も食いにいこうや!」

ワカメ:「はい!」



これにて放流。

事実上、セフレになれるということだろうか。

でも、、、

自分に自信が。。。

ちゃんと2日間、オナ○ー我慢したのに。

これもまた年のせいだろうか。

まぁ、復帰戦飾れたからヨシとするか。

次回はしっかり挿入してイキたいものだ。

はぁ、情けない。

ではまた!



励みになりますので、良ければクリックお願いします!!(ctrlを押しながらクリックすると楽に押せます)
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

20代 エステティシャン 「エステ」


先日、出会いチャットで知り合った、20代のエステティシャンと会ってきた。

写真を交換した段階で僕のテンションは上がっておらず、何回かリスケをしていたが、なんやかんや今日までたどり着いた。

しかも、ラインをした感じだと変わり者っぽい雰囲気が満載である。

早速待ち合わせ場所へ。

ちなみに、今回の僕は既婚の設定である。



僕:「ゴメン、仕事終わらなくて20分位遅れそう。。。どんな服着てる?」

エステ:「大丈夫だよ!服は全体的に水色だよー」



とラインでやり取りをする。

本当に仕事で遅れていたため、今日は余裕を持っての遠めチェックはできなさそうだ。



僕:「(あれかな?お、まぁまぁ可愛いやん)」



僕:「どうも始めまして、送れちゃってゴメンね」

エステ:「あ、どうも」

僕:「とりえあえず、行こうか!行ったことない居酒屋だけら、ハズレちゃったらゴメンね。」

エステ:「いえいえ、全部任せちゃってすみません!なんか雰囲気変わりましたね。」

僕:「そう? (ん、写真のこと言ってるのかな??)」

エステ:「会うの大学生の時以来ですもんね」

僕:「ん?? (やっぱりコイツは変わり者なのか?)」
僕:「大学生?」


エステ:「あれ、そうですよね?」

僕:「あれ、チャットのエステちゃんだよね?」

偽エステ:「いや、違います」

僕:「嘘、ゴメンね。人違いだった」

偽エステ:「私の方こそごめんなさい。。。」


と最初こんな珍事があった。

偽エステが本来待ち合わせしてた男も僕みたいな雰囲気だったのなか。(笑)

その後、バタバタと本物のエステちゃんに会った。

しかも、写真より全然体のラインが細くて、僕としてはけっこうタイプ。



~~~~~居酒屋にて~~~~~


僕:「エステは今の彼氏とは結婚の予定はないの?」

エステ:「全然ないですね。ってか、たぶん結婚しないと思います」

僕:「そうなの?」

エステ:「なんか向こうにもその気はないみたいで」

僕:「でもまだ付き合ってるんだ?」

エステ:「そうですね、まぁのんびり探します。ナオキさんは夫婦生活どうなんです?」

僕:「まぁ悪くはないけど、何かとマンネリ化するよね」

エステ:「やっぱそうなんですね」

僕:「エステちゃんは夜の方はどうなの?」

エステ:「私そこまで性欲ないんで、普通に断ったりしますよ」

僕:「えー、そうなんだ。彼氏可愛そうじゃん」

エステ:「どうなんですかね」


一次会の居酒屋の段階では、ホテルまで持ち込むのはかなり困難だった。

しかも、雰囲気的にワンナイトという感じではない。

とりあえず、一発逆転を狙おうとカラオケに行くことに。



~~~~~カラオケにて~~~~~~


とりあえず、エステがどんどん曲を入れて歌わされた。

さりげなく腕を触ったりするものの、ヒョンとかわされる。

これはダメだと思い、その日は断念。

軽そうな雰囲気かと思いきや、一線を越えるためのバリアがかなり強い感じだった。

見た目は可愛いからもう一回くらい遊んでもいいかと思うが、次でセックスできなかったら諦めます。



励みになりますので、良ければクリックお願いします!!(ctrlを押しながらクリックすると楽に押せます)
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

20代 新卒女子 D子


昨日、出会いチャットでやりとりしていたD子と会ってきた。

これは珍しく、向こうから連絡があったパターンである。

写真を見た感じは、まぁ普通。

だからこそ、実物はあまり期待を持てない。

しかも、僕も彼女がいるともいないとも言っていなかったため、セックスできる可能性は低い。



待ち合わせ場所を指定し、遠目からチェック。

やはり写真とは違かったが、本当に普通の子って感じだった。

髪は黒髪で、中肉、AKBの横山由衣をチョット崩したような感じだった。


images.jpg



軽く挨拶を済まし、予約していた店へ。



僕:「仕事大変?」

D子:「はい、でも今はまだ研修中なので」

僕:「そっか、でも嫌でも慣れるよ。俺は転職組だけど、嫌なら辞めればいいし」

D子:「はい」

僕:「休みの日とか何してるの?」

D子:「あまり趣味ないんです。買い物くらいです。」

僕:「いいじゃん、旅行とか行かないの?」

D子:「行かないですね」


こんな感じで当たり障りのない会話をしていた。

もっと、色恋の話をしたかったのだが、予約した店がかなりオープンな感じ、しかも両隣が女子に囲まれていたため、あまり下手な会話ができない。

お酒は入っていたが、あまり盛り上がらなかった。

D子も緊張している様子だったし、この時点でハードルが上がってしまった。



さてこれからどうしようか。

とりあえず、ダメ元でカラオケでも誘ってみるか。

ホテルはさすがに無理あるし。


僕:「俺あんま歌ったりはしないけど、カラオケでも行かない?」

D子:「いいですよ」


おぉ、いいんかい!(笑)



僕:「D子は今彼氏とかいないの?」

D子:「いないですよ」

僕:「前の彼氏はどんな人だったの?」

D子:「うーん、普通でした」

僕:「普通か。(笑) 何で知り合った人?」

D子:「チャットです」

僕:「えぇ、意外だね!」

D子:「その前もそうでした」

僕:「そうなんだ、合コンとかあんまないんだ」

D子:「全然ですね」


恐らくD子は遊びというよりは、本気で彼氏を探しているのだろう。

これは何かと大変そうだが、さてさてここからどう仕掛けようか。



僕:「D子、隣に行っていい?」

D子:「いいですよ」



おぉ、いいんかい!(笑)


僕:「D子、髪染めたことないでしょ」


とさりげなく髪を触ってみる。

チョット恥ずかしそうにするD子。


僕:「あ、触られるの嫌じゃない」

D子:「はい」


おぉ、大丈夫なんかい!(笑)



よし、いい感じになってきたし、キスしたろ!

しかし、それはNG。

ダメとは言わないが、顔をそらされる。

じゃあ、胸はどうか。

それはOK。

服の中に手を入れて、直に触った。

感じている様子はなく、終止恥ずかしがっているD子。

下はどうか。

やはりNGだ。

これまたダメ元でホテルに誘うも、やはりNG。

一線は越えたくないのだろう。

だって、彼氏探しに来てるんだから。(笑)

あまりしつこく誘うのも可愛そうだったから、昨日はこれで終わり。

若い子のお胸を触れただけでも良しとするか。

その後、お礼のラインのやり取りはしたが、もう次はなさそうだ。



次からは今まで通り、既婚ということにして行かないとダメだな。

今回は今回で楽しかったが、少しでもセックスできる可能性を上げたい。

しかし、あんな普通めの子までチャットで出会いを求めているなんて。。。

大丈夫か、これからの日本!



励みになりますので、良ければクリックお願いします!!(ctrlを押しながらクリックすると楽に押せます)
  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

出会いチャットで知り合った20代前半女子

先日、出会いチャットで知り合った20代前半のB子と飲みに行ってきた。

チャットでやりとりするようになって、3日間で会うことができたから、割と即効系である。

一応写真は交換していたけど、あんなのいくらでもごまかせるから、さほど期待はしていなかった。

ちなみに、チャット上で写真を交換すると、閲覧できる時間は5秒くらい。

しかもスクリーンショットをすると、スクリーンショット履歴も残ってしまい、相手の心象を悪くするケースもあるから要注意。

だから、チャット上で交換する時には、「スクリーンショット無しで交換しよう」、と言うのがいいかもしれない。

それで、どちらもタイプ的に問題なければ、ラインの交換という流れになることが多い。

さて当日は、とある駅で待ち合わせ。

18時待ち合わせだったから、時間的余裕もある。

B子の服装の特徴を聞いて、一旦遠めからチェック。

「か、可愛い。。。」

体のラインも細いし、何よりも擦れてない純粋系な子だ。


僕:「初めまして、B子さん?」

B子:「あ、そうです」

僕:「居酒屋、すぐそこだから行こうか」

B子:「有難うございます!」

年が10歳近く離れているからか、B子はチョット緊張気味。

その辺の初々しさがなんとも可愛いかった。


~~~~~居酒屋にて~~~~~


僕:「B子もけっこう飲むね!」

B子:「そうなんです、家で一人で飲むことも多くて」

僕:「それは気が合うね。彼氏とは飲みにいったりしないの?」

B子:「彼氏とは飲みに行こうとかならないです。」

僕:「そうなんだ?上手くいってないの?」

B子:「何ていうか、そんなに好きでもないのに付き合っちゃって」

僕:「そっか、まだ若いからいいじゃん!」

B子:「ナオキさんは、奥さんとはどうなんですか?」

僕:「ウチは仲悪くはないけど、マンネリ化してるよ。」

B子:「そうなんですか。」

僕:「彼氏とはそれなりにエッ○するでしょ?」

B子:「いや、そんなにです。月に1回くらいしか会わないし」

僕:「そうなんだ。気持ちよくないとか?」

B子:「うん、たまにビデオとか観てみるんですけど。。。あんなに気持ちよくなるんですか?」

僕:「そりゃ女性は特にね」

B子:「そうなんですねー。。。(しゅん)」


この時点で僕は今日はイケルと確信。


僕:「B子まだ飲める?」

B子:「はい、明日も休みですし!」

僕:「場所変えようか!」

B子:「。。。。。いいですよ。」



~~~~~ホテルでの行為後~~~~~


僕は正直いつもエッ○はかなり淡白がが、今日はB子のために時間をかけて丁寧におもてなしした。


B子:「私、エッ○は好きな人とじゃないと気持ちよくないと思ってました」

僕:「そっかそっか!そんなこともないと思うけど、あまりはまり過ぎないようにね。ああいうサイトだと、本当に変な人もいるから」

B子:「はい!」


とこんな感じだった。

その後、B子から「また誘ってくれたら嬉しい」とのラインが入ったので、これは次にも繋がるかもしれない。

しばらくはチャットで頑張ろうと思う。

あと、既婚という設定の上会うと、可能性がグンと広がるということが身にしみて分かった。

今週も週末に一戦設けられるように頑張りたいと思う。


励みになりますので、良ければクリックお願いします!!(ctrlを押しながらクリックすると楽に押せます)




  ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク


プロフィール

ナオキ

Author:ナオキ
2017年3月まで正社員で働いていましたが、コミュ障な性格が原因で2017年4月から派遣社員になりました。年収は600万から300万にダウン。
元の年収に戻すべく、現在は派遣、バイト、FXのトルプルワークの日々です。
ブログのタイトルの通り、「政治とカネ」ならぬ、「女とカネ」に関することを記事にしていきます。
軍資金は200万。
この日々の推移と、合コンやパーティーの参加録が記事のメインです。
できれば攻略法なんかも。
宜しくお願いします。

スポンサードリンク

自由資産推移

【2016年1月】¥2,000,000
【2016年2月】¥1,550,000
【2016年3月】¥1,970,000
【2016年4月】¥1,500,000
【2016年5月】¥1,400,000
【2016年6月】¥1,950,000
【2016年7月】¥2,120,000
【2016年8月】¥1,834,000
【2016年9月】¥1,980,000
【2016年10月】¥1,640,000
【2016年11月】¥700,000
大損により退場
【2016年12月】¥1,400,000
【2017年1月】¥1,495,000
【2017年2月】¥1,410,000
【2017年3月】¥1,564,000
【2017年4月】¥1,421,000
【2017年5月】¥1,560,000
【2017年6月】¥1,675,000
【2017年7月】¥1,780,000
【2017年8月】¥1,545,000  

ブログ村

最新記事

検索フォーム

訪問有難うございます!